野口さん乗ったISS、肉眼でも見えた!

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 18日夕、地球の高度約400キロ・メートルを周回する国際宇宙ステーション(ISS)が日本列島上空を通過する様子が、東京でも肉眼で観測された=写真、園田寛志郎撮影=。

 現在、ISSには、日本時間16日に打ち上げられた米民間宇宙船「クルードラゴン」がドッキングしており、同船に乗った日本人宇宙飛行士の野口聡一さん(55)が、3度目となる宇宙生活を始めている。

 東京都墨田区では、南西方向で、東京スカイツリーの横を通過するISSの光跡が確認できた。

 ISSは周回するコースによって日本各地で観測でき、見えそうな場所や時間、方角などは、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)のホームページで確認できる。

無断転載・複製を禁じます
1636265 0 科学・IT 2020/11/18 20:52:00 2020/11/18 21:20:30 2020/11/18 21:20:30 日本上空を通過する国際宇宙ステーションの光跡(18日午後6時21分、東京都墨田区で)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201118-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ