ダイオウイカが漁港に漂着、冷凍標本を公開…体長2・5メートルで重さ50キロ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 浜田、江津両市にまたがる島根県立しまね海洋館アクアスは21日から、同館2階お弁当広場周辺で、出雲市の小田漁港に漂着したダイオウイカの冷凍標本の一般公開を始めた。23日まで。

小田漁港で見つかったダイオウイカ(出雲市で)=県立しまね海洋館アクアス提供
小田漁港で見つかったダイオウイカ(出雲市で)=県立しまね海洋館アクアス提供

 展示する個体は体長2・5メートル、重さ50キロで、最も長い腕が欠損している。18日に小田漁港に漂着しているのを釣り人が見つけ、同館に連絡があった。表皮の状態などから、死後、時間が経過していたとみられる。

 同館によると、日本海側では、冬場を迎えたこれからの季節にダイオウイカの漂着がみられるという。年に数件しか発見例がないため、多くの人に知ってもらおうと、冷凍標本にして公開することにした。

 同館魚類展示課の田中議顕さん(38)は「近くでよく観察しながら、ダイオウイカを知ってもらいたい。研究者とのつながりもあるので、発見した時にはアクアスまで連絡をしてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1645404 0 科学・IT 2020/11/22 16:52:00 2020/11/22 17:22:12 2020/11/22 17:22:12 小田漁港で見つかったダイオウイカ(アクアス提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201122-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ