読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

H2Aロケット打ち上げ成功…政府などのデータ中継衛星を搭載

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府と宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)のデータ中継衛星を搭載したH2Aロケット43号機が29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。打ち上げ事業者の三菱重工業によると、衛星は約30分後に分離され、打ち上げは成功した。

データ中継衛星を搭載して打ち上げられるH2Aロケット43号機(29日午後4時25分、鹿児島県南種子町で)=久保敏郎撮影
データ中継衛星を搭載して打ち上げられるH2Aロケット43号機(29日午後4時25分、鹿児島県南種子町で)=久保敏郎撮影

 今回のデータ中継衛星は、政府の情報収集衛星が北朝鮮の軍事施設などを撮影した画像や、地球観測衛星による自然災害現場の画像などのデータを受信し、地上に素早く送る目的で開発された。政府とJAXAそれぞれの中継機器が、1台の衛星に格納されている。

 データ中継衛星は、赤道上空の静止軌道を回り、日本へ常に情報を送信することが可能なため、データを送ることができる時間帯が広がるという。

 政府は今後、中継衛星をもう1基打ち上げ、画像を撮影する光学衛星4基、レーダー衛星4基と合わせた10基体制とすることで、切れ目のない情報収集を実現させたい考えだ。

 一方、光通信を使ったJAXAのデータ伝送速度は、2002年に打ち上げられた衛星「こだま」(運用終了)よりも7倍程度上がるという。来年度以降に打ち上げられる地球観測衛星「だいち3号」などのデータを高速で送る役割を担い、災害対策に貢献する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1661920 0 科学・IT 2020/11/29 16:38:00 2020/11/29 21:25:19 2020/11/29 21:25:19 轟音をあげて打ち上がるHー2Aロケット43号機(29日午後4時25分、鹿児島県南種子町で)=久保敏郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201129-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)