読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「はやぶさ2」から分離、カプセル回収…中身はリュウグウで採取の石か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

豪州ウーメラの砂漠地帯に着地した「はやぶさ2」のカプセルを手にする回収隊のメンバー(JAXA提供)
豪州ウーメラの砂漠地帯に着地した「はやぶさ2」のカプセルを手にする回収隊のメンバー(JAXA提供)

 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」から地球に向けて分離されたカプセルが6日未明、大気圏に突入した。現地に派遣された宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)などの回収隊が同日午前4時47分、豪州南部ウーメラの砂漠地帯に着地したカプセルを発見。約3時間後に回収された。

はやぶさ2が分離したカプセルが大気圏に突入し、オーストラリアで観測された火球=JAXA提供
はやぶさ2が分離したカプセルが大気圏に突入し、オーストラリアで観測された火球=JAXA提供

 小惑星リュウグウで採取した石などが入っているとみられているカプセルは5日午後2時半、地球から約22万キロ・メートル離れたところで探査機本体から分離され、秒速12キロ・メートルという猛スピードで地球に接近。6日午前2時半頃、大気圏に突入したカプセルが明るく輝く「火球」となって移動していることを、回収隊が確認した。

 回収隊が、カプセルから発信される電波などを基に探したところ、カプセルが着地しているのを見つけた。夜が明けてから改めて回収作業を進めた。

 2014年12月に地球を出発したはやぶさ2は18年6月、リュウグウに到着。19年2月と7月の2回にわたってリュウグウの地表への着地に成功した。探査終了後の同11月にリュウグウを出発し、地球への帰路についた。総飛行距離は52億キロ・メートル以上に及び、6年ぶりに地球に戻ってきた。

無断転載・複製を禁じます
1678561 0 科学・IT 2020/12/06 02:41:00 2020/12/06 15:43:24 2020/12/06 15:43:24 豪州の砂漠地帯に着地したはやぶさ2のカプセルを回収するJAXAのメンバーら=JAXA提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201206-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)