読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】土砂災害、AIで迅速特定…5人で5日→5分に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 地震や大雨による土砂災害直後の衛星画像を人工知能(AI)で分析し、被災地を迅速に特定する技術を、航空測量大手「パスコ」(東京)が開発した。正答率は9割超で、熟練技術者に匹敵する精度という。広域災害時に最優先で救助・救援が必要となる地域を特定し、速やかな活動に役立てる。

北海道地震で土砂災害が多発した山間部の衛星画像。AIが判定した被災地を赤色で示している(北海道安平町、中央は貯水池)
北海道地震で土砂災害が多発した山間部の衛星画像。AIが判定した被災地を赤色で示している(北海道安平町、中央は貯水池)

 同社は、2018年の西日本豪雨や、東日本で河川氾濫が相次いだ19年の台風19号、今夏の九州豪雨などの被災地を撮影した1万枚以上の衛星画像を用意。ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる手法で、土砂災害の画像上の特徴や共通点をAIに学習させた。

 システムの精度について、18年9月の北海道地震(最大震度7)で土砂災害が多発した山間部(面積約200平方キロ・メートル)の衛星画像を使って検証。広域に点在する被災地と、畑や道路などを画像で見分ける作業は、熟練技術者でも5人がかりで5日程度かかるが、AIは土砂災害の場所を5分ほどで特定することに成功した。正答率は93%だった。

 主に可視光を観測する人工衛星を使うため、夜間や雲が多い時はやや時間がかかる場合もあるが、最短2時間で衛星データの受信から、AI分析、結果の提供までを行えるという。

 同社は分析結果を国や自治体に提供し、迅速な救助・救援活動につなげたい考えで、下村博之・災害対策部長は「広域の被害が想定される南海トラフ地震などで活用できるよう、さらに誤判定を減らしていきたい」と話している。

北海道地震で土砂災害が多発した山間部の衛星画像。AIが判定した被災地を赤色で示している(北海道安平町、中央は貯水池)

無断転載・複製を禁じます
1694055 0 科学・IT 2020/12/11 15:00:00 2020/12/11 16:47:16 2020/12/11 16:47:16 北海道地震後にパスコのAIが分析した人工衛星画像。「被災」区域を赤く表示しており、畑や道路などは「被災していない」と判定している。北海道安平町付近(パスコ提供、背景画像:c Airbus DS/SpotImage2018)=cは著作権を表す○つきのC。松田晋一郎扱い https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201211-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)