読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ふたご座流星群、月明かりなく「観測にかなり良い条件」…今夜から明け方にピーク

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が13日夜から14日明け方にかけてピークを迎える。国立天文台によると、今年は15日が新月のため月明かりの影響はほとんどなく、「観測にはかなり良い条件」だという。

 流星は、ふたご座の2等星・カストル近くの「放射点」から四方八方に飛び出すように現れる。放射点は13日夜は東の空にあり、日付が14日に変わる頃に真上に来る。

 午後8時頃から流星が見え始め、本格的な出現は午後10時頃からになる。ピーク時は、1時間あたり55個前後の流星が見られるという。12日と14日の夜にも、最大で1時間あたり20個前後が観測できる。

 国立天文台の山岡均広報室長は「防寒をしっかりして、目が暗さに慣れるまで15分間は観察を続けてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1696130 0 科学・IT 2020/12/12 13:45:00 2020/12/13 20:46:55 2020/12/13 20:46:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201212-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)