読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

2019年の台風19号、温暖化影響で雨量13・6%増…スパコン分析で判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本で河川氾濫などが相次いだ昨年10月の台風19号について、気象庁気象研究所は、地球温暖化の影響で降水量が13・6%増えていたとする分析結果を発表した。温暖化で大気中の水蒸気量が増え、台風に伴う雨の量に影響しているとみられる。

気象庁
気象庁

 日本周辺の平均気温は、工業化が進んだ1850年以降、約1・4度上昇した。同研究所は、温暖化が台風19号に及ぼした影響を分析するため、温暖化しなかった場合の気温や海面水温などのデータを20パターン入力し、スーパーコンピューターで分析した。

 その結果、温暖化により、台風の動力源となる大気中の水蒸気量が増えるなどして、関東周辺の降水量が13・6%増加したことが判明。台風の勢力がより強くなることも分かった。

 同研究所はこれまでにも、西日本豪雨(2018年)の被災地を対象に同様の手法で分析。温暖化の影響で記録的大雨の発生確率が約3・3倍に上昇していたと報告している。

 台風19号では、東日本を中心に約140か所で堤防が決壊。死者・行方不明者(災害関連死を含む)は100人を超え、3万棟以上が全半壊した。

無断転載・複製を禁じます
1731294 0 科学・IT 2020/12/25 22:36:00 2020/12/25 23:29:43 2020/12/25 23:29:43 気象庁虎ノ門庁舎(仮称)。東京・港区で。2020年12月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201225-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)