読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「9秒8」狙う桐生のシューズに「蜂の巣」…変革のヒントは航空機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「1000分の1秒」を争う陸上競技の花形「100メートル走」のトップアスリートにとって、競技用シューズはタイムを大きく左右する重要ツールだ。東京五輪に向け、日本のスポーツ用品と繊維のメーカーが「100メートル9秒8台」を狙うトップアスリートの桐生祥秀(よしひで)選手と協力して開発した最新シューズは、トラックを蹴る靴底に変革をもたらした。(松田晋一郎)

ピンのないシューズを考案…しかし材料がない

「メタスプリント」の開発チームを率いたアシックスの谷口憲彦さん
「メタスプリント」の開発チームを率いたアシックスの谷口憲彦さん

 スポーツ用品大手「アシックス」(神戸市)の最先端シューズ「メタスプリント」の靴底は、蜂の巣のような構造だ。トラックをとらえる鋭い金属のピンは一本もない。従来品にない型破りのデザインは、同社の谷口憲彦さん(46)が率いた開発チームが生み出した。

 「ピンがトラックに刺さる感じがシューズごとに違う」。大学や実業団の選手からしばしば届く、自社シューズへの感想がきっかけ。ピンをどう改良すれば満足してもらえるのか考えるうち、ある盲点に気づいた。

 「ピンをなくせばいい」

 刺さって抜ける時の摩擦がなくなり、タイムも短縮できるはず。考えたのはピンのような「点」ではなく、「面」で地面をつかむこと。2015年、開発を始めた。

アシックスの最先端シューズ「メタスプリント」。靴底は六角形の細かい突起が蜂の巣のように並ぶ
アシックスの最先端シューズ「メタスプリント」。靴底は六角形の細かい突起が蜂の巣のように並ぶ

 レース中、靴底には0・1秒未満の瞬時に、体重の約4倍もの負荷がかかる。押しつけたり、ねじったり、負荷がかかる方向も様々だ。この複雑な力にも耐えて、地面をしっかり蹴る靴裏をどう設計するか――。

 谷口さんは、軽くて頑丈な航空機の機体にも応用される「ハニカム構造」から着想を得て、六角形を敷き詰めた形が最適と考えた。三角形や四角形よりも耐久性が高い。

 ただ、アイデアを実現する材料がなかった。アルミや樹脂は弱く、鉄は重すぎる。暗礁に乗り上げた。

ハニカム構造
 正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造。ハニカムは英語で「蜂の巣」の意味。少量の材料で強度を高め、音や衝撃も吸収でき、建築物や飛行機の翼、小惑星探査機「はやぶさ」の機体などに使われている。国立競技場の陸上トラックのシートの裏面にも採用され、選手の足が接地したときの衝撃を軽減している。

新素材の売り込みに苦しむ企業と運命の出会い

 そのころ、カーテン製造で国内大手の繊維メーカー「サンコロナ小田」(大阪市)は、炭素繊維を樹脂で固めた強化プラスチック「フレックスカーボン」の開発に成功していた。強い力に耐える柔軟性と、細かな形に加工できる可塑性を兼ね備える。金属並みの強さながら、重さは半分以下だ。

フレックスカーボンを開発した小田外喜夫社長
フレックスカーボンを開発した小田外喜夫社長

 世界に誇る高機能材料だが、社長の小田外喜夫ときおさん(75)は苦しんでいた。自動車用の新材料との売り込みも振るわない。業界は新材料の採用に慎重だった。

 そんな両社が16年、思わぬ形でつながった。谷口さんの大学院時代の研究仲間が、フレックスカーボンを売り込んできた。フレックスカーボンに技術を提供しているという。

 「これでできる」。谷口さんの直感は、試作品を見て確信に変わった。かつてないピンなしシューズは、完成へ一気に動きだした。

桐生祥秀選手「走りを任せられる」

新潟県で開かれた日本選手権で6年ぶりに優勝した桐生選手(右)。メタスプリントを履いている(2020年10月2日撮影)
新潟県で開かれた日本選手権で6年ぶりに優勝した桐生選手(右)。メタスプリントを履いている(2020年10月2日撮影)

 メタスプリントを最初に履いたのは男子100メートルのトップアスリート・桐生祥秀よしひで選手(25)。19年夏、福井県の大会だった。

 谷口さんと小田さんは、大会会場にいる仲間からのSNS実況でレースを見守った。桐生選手は1位でゴールを駆け抜けた。「10・05秒」の好記録が会場に大きく表示された。

残り:567文字/全文:2549文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1774342 0 科学・IT 2021/01/16 09:04:00 2021/01/16 09:04:00 2021/01/16 09:04:00 サンコロナ小田の炭素繊維を使った、アシックスの最先端シューズ「メタスプリント」。高い強度と複雑な形に加工できる素材力により、「ピン」をなくすことが可能になった(須藤菜々子撮影)シューズ(18日午後1時1分、東京都千代田区で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210108-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)