読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ後遺症、発症半年後も疲労感や睡眠障害など76%…中国・武漢市

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大が最初に深刻化した中国・武漢市で、感染者の約76%が、発症から半年たっても疲労感や睡眠障害など、少なくとも一つの後遺症を患っていると、中国の研究チームが発表した。後遺症が長期化する可能性を示しており、論文が9日、英医学誌ランセット(電子版)に掲載された。

 新型コロナ感染者は、体内からウイルスが検出されなくなった後も後遺症に苦しむケースが報告されているが、長期的な影響はわかっていない。チームは、昨年1~5月に武漢市内の病院を退院した患者1733人を対象に、発症から約半年後の体調を調べた。

 面接や6分間の歩行試験などを行った結果、疲労感や筋力低下の症状を示す人が63%と最も多く、睡眠障害が26%、不安やうつ症状も23%に上った。脱毛も22%にみられた。不安やうつ症状は女性の方が頻度が高かった。

 新型コロナ感染者の後遺症を巡っては、日本でも厚生労働省などが実態調査に乗り出している。

 谷口清州・国立病院機構三重病院臨床研究部長(感染症疫学)の話「他のウイルスで、これほど高頻度に長期的な後遺症が出る例はほとんど聞かない。後遺症の原因には不明な点もあるが、見過ごせない問題だ」

無断転載・複製を禁じます
1758822 0 科学・IT 2021/01/09 17:29:00 2021/01/09 17:46:17 2021/01/09 17:46:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)