読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

超速!量子コンピューター…そんなにすごいのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「量子コンピューター」。

 最先端テクノロジーの分野で今、最もホットなテーマの一つが量子コンピューターだ。世界最速のスーパーコンピューターで何年もかかる計算を、瞬時にやってのけるという。そんなにすごいのか。

スパコンで1万年の計算 3分余り

 米国のIT大手グーグルの量子コンピューターが2019年にあげた成果は、量子技術開発の一里塚といわれる。複雑な計算問題を与え、最先端のスパコンと競わせたところ圧勝した。スパコンで1万年かかる計算を3分余りで解いたという。

 これを機に、世界の開発競争に拍車がかかった。計算速度の飛躍は、社会の変革をもたらしつつある人工知能(AI)の劇的な進化につながるからだ。これからの産業競争力は、量子をいかに使いこなすかにかかっているともいわれる。

 それは、各国の力の入れようにも表れている。量子暗号や量子通信も加えた量子技術の研究開発に対しては、政府主導のものだけでも、目下、米国が5年間1400億円、欧州が10年間1250億円の予算をつけている。中国は1200億円かけて研究所を建設している。

 民間ではグーグルのほか、米国のIBMやマイクロソフト、中国のアリババなどが巨費を投じて量子コンピューター開発にまい進している。カナダのDウェーブシステムズをはじめとするベンチャー企業の存在感も大きい。日本政府も2020年1月、「量子技術イノベーション戦略」をまとめた。この1年では300億円余りをつぎ込んだ。

物体の最小の粒

 それでも一般にはなじみが薄い。試しに「量子」に関する読売新聞の記事を検索すると、10年前には1年で20本ほど。それが2020年は1年で約80本だった。にわかに脚光を浴びるようになったことがわかる。

 量子とは、身の回りの物体をどんどん小さくしていった時、これ以上細かくできない最小の粒だ。電子がその代表と言える。光の粒である光子もそうだ。ミクロの世界で電子や光子は量子力学の原理に従い、私たちの直感からはかけ離れた不思議な振る舞いをする。二つの粒が合体して消滅したり、真空から粒が生まれたりすることもある。

残り:1107文字/全文:2027文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1768852 0 科学・IT 2021/01/14 05:00:00 2021/01/14 09:01:01 2021/01/14 09:01:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210113-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)