読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新型ロケット「H3」初号機、月内にも種子島へ…打ち上げコストはH2Aの半分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 官民共同開発が進む国産ロケット「H3」の初号機が完成間近になり、愛知県飛島村の製造拠点で23日、報道陣に公開された。「H2A」と「H2B」の後継機として2021年度の打ち上げを目指し、月内にも種子島宇宙センター(鹿児島県)に船で輸送される。

「H3」の胴体部分。近く種子島宇宙センターに運ばれる(23日、愛知県の三菱重工業飛島工場で)=下里雅臣撮影
「H3」の胴体部分。近く種子島宇宙センターに運ばれる(23日、愛知県の三菱重工業飛島工場で)=下里雅臣撮影

 公開されたのは長さ37メートルの1段部分と長さ12メートルの2段部分で、それぞれエンジンや水素などの燃料を搭載する。推進力を高めるため胴体は直径5・2メートルと、H2Aの1・3倍に広げた。

 1回の打ち上げ費用をH2Aの約半分の50億円程度に抑え、政府や国内外の衛星事業者からの受注拡大を目指す。H2AやH2Bの側面に表記していた「NIPPON」の文字も「JAPAN」に変更した。

 H3は、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)と三菱重工業などの共同開発。20年度の打ち上げを計画したが、エンジンの不具合が見つかり予定が遅れている。

無断転載・複製を禁じます
1791359 0 科学・IT 2021/01/23 19:23:00 2021/01/23 21:51:27 2021/01/23 21:51:27 公開された「H3」の胴体部分。近く種子島宇宙センターに運ばれる(1月23日午前10時2分、愛知県飛島村の三菱重工業飛島工場で)=下里雅臣撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210123-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)