読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新種の深海魚は1m超す大物、食物連鎖の最上位で命名「ヨコヅナイワシ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1メートルを超える新種の深海魚を駿河湾で発見したと、海洋研究開発機構などの研究チームが25日発表した。深海魚のグループであるセキトリイワシ科の一種で、同科で最も大きく、深海の生息エリアでは食物連鎖の最上位にいる種であることから「ヨコヅナイワシ」と命名された。

新種の深海魚「ヨコヅナイワシ」(奥)と従来のセキトリイワシ科の一種(手前)=海洋研究開発機構提供
新種の深海魚「ヨコヅナイワシ」(奥)と従来のセキトリイワシ科の一種(手前)=海洋研究開発機構提供

 藤原義弘・同機構上席研究員らのチームは2016年、駿河湾の水深2171~2572メートル付近にいた深海魚4匹(全長122~138センチ、重さ15~25キロ・グラム)を捕獲した。その後の遺伝子解析などの結果から、セキトリイワシ科の新種であることがわかった。

新種の深海魚「ヨコヅナイワシ」(奥)と従来のセキトリイワシ科の一種(手前)=海洋研究開発機構提供
新種の深海魚「ヨコヅナイワシ」(奥)と従来のセキトリイワシ科の一種(手前)=海洋研究開発機構提供

 鮮やかな青いウロコや、体長に比べて小さい目や頭、背びれの位置が特徴的という。同科は世界の深海で90種以上が確認されていたが、平均的な全長は30~40センチ程度だった。

 また、ヨコヅナイワシの胃からは比較的大きな魚類を捕食した痕跡も見つかった。ヨコヅナイワシの筋肉のアミノ酸を分析したところ、食物連鎖の最上位にいることもわかったという。研究結果の論文は、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。 

 遠藤広光・高知大教授(魚類分類学)の話「深海の生態系は未知な部分が多く、新種の発見は重要な成果だ。食用魚などの資源管理の面からも深海の現状を把握する努力が欠かせない」

無断転載・複製を禁じます
1795515 0 科学・IT 2021/01/25 19:00:00 2021/01/25 20:45:44 2021/01/25 20:45:44 新種の「ヨコヅナイワシ」と従来のセキトリイワシ科の一種(海洋研究開発機構提供) ※ラテは25日午後7時解禁 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210125-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)