読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

隣席の東北大学長に「お前、漱石は読んだか」と言われ…北大学長「生意気な男だと思った」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 受験シーズン本番。ノーベル物理学賞の候補に挙がる東北大学長の大野英男氏と、脳神経外科医で北海道大学長に昨秋就任した宝金清博氏の2人に、若者らへのメッセージや大学のあり方などについて、熱い思いを語ってもらった。(司会は読売新聞北海道支社次長・長谷川聖治)

対談する東北大の大野英男学長(左)と北海道大の宝金清博学長(札幌市北区の北海道大図書館で)=松本拓也撮影
対談する東北大の大野英男学長(左)と北海道大の宝金清博学長(札幌市北区の北海道大図書館で)=松本拓也撮影

 ――お二人は北海道立札幌南高校の同級生だと聞きました。

 宝金 2年になった時に同級になり、隣に座ったのが大野先生だった。こんなことを言うと本人は嫌かもしれないけど、えらい生意気な男だと思った(笑)。お前、夏目漱石は読んだかという。私はまだ読んでいなかった。

 大野 読んでいなかったの? 普通、その頃は読んでいるでしょう(笑)。

 宝金 大野先生は大学は文系に行くのだと思っていた。評論家になるのかと。

 大野 文系に行かなくてよかった。いまから考えると若気の至りもあった(笑)。

 ――お二人が北海道大医学部や東京大工学部に行くきっかけは何でしたか?

 宝金 札幌医科大で当時、日本初の心臓移植手術が行われ、大騒ぎだった。大きな刺激を受けて自分も医者になりたいと思った。

 大野 文系に進まなかったのは物を覚えるのが苦手だったから。理系は必要最小限を知っていればいい。数学を基礎にするなら自分もできると思った。両親は理論物理学者だったが、私は実験物理の方に進んだ。

 ――研究者になるきっかけは何でしたか。

 大野 理学部も工学部も修士までは一貫教育に等しいところがある。修士を修了するときに実際、何をしようかと考えた。迷ったあげく、少し研究を続けてみようかと思った。

 宝金 当時は外科医になるのが医学部生の憧れだった。脳神経外科は医学の中でも100年もたっていない分野で、未知の領域だったことも大きい。

 ――お二人は同じ頃に米国に留学もしています。

 大野 米IBMに1年半行き、ノーベル物理学賞受賞者の江崎玲於奈さんの指導を受けた。実験結果を見てもらって「何をやるかでなく、何をやらないのかを見極めるのが大事だ。やらなくていいことはやるな」と教えられた。江崎さんらしい言葉だと思った。

 宝金 私も留学が1986~89年で期間がほぼ重なる。脳の動きをMRI(磁気共鳴画像装置)で可視化する手法の第一人者である、中田力さんにカリフォルニア大学デービス校で出会って、科学の厳しさをたたき込まれた。

 ――宝金先生は手術、大野先生は実験という実学の分野に進まれていますが、他の人たちへの教訓を。

 大野 実験でうまくいかないことは多い。それが普通なんです。こうしたらこうなるはずと思ったら全く違う。次に何をしたら壁の向こうにいけるのかをいつも考える。それが楽しい。壁を越えたら、また別の壁が現れる。今はうまくいっているが本当にOKか、これは大丈夫か、あれをもっと調べなければと課題が見えてくる。

 ――壁を突破するのは運ですか日頃の努力ですか。

 大野 壁を乗り越える方法論は考えたことがない。挑戦する時、何に一番価値があるかは考えている。世の中に役に立つか、学術的な価値はあるのか。多くの研究を見てきて世に出す仕方がうまくないとか、もっと違った価値があるのにもったいないな、と思うことはありました。

 宝金 医療の世界のゴールは明確です。病気を治すこと。医療はまず使命ありきで目の前の課題を完璧にこなす必要がある。課題は難しく、何十年かけても完璧な治療法が見つからない。我々の医学の世界で大事なのは、一隅を照らすこと。小さな一歩でも、確かな一歩を誰かが踏み固めると、後の人はそこから先に進める。

     ◇

 おおの・ひでお 東京都出身。東京大工学部電子工学科卒。2018年から現職。半導体に磁石の性質を持たせることに成功し、米国電気電子学会デービッド・サーノフ賞を12年に受賞。66歳。

 ほうきん・きよひろ 札幌市出身。北海道大医学部医学科卒。2020年10月から現職。脳血管が詰まる難病「もやもや病」の術式開発で、優れた脳血管障害研究に贈られる美原賞を13年に受賞。66歳。

無断転載・複製を禁じます
1822993 0 科学・IT 2021/02/05 19:00:00 2021/03/01 19:12:36 2021/03/01 19:12:36 談笑する東北大の大野英男学長と北海道大の宝金清博学長(右)(11月2日、札幌市北区の北海道大図書館で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210205-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)