読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内最古級の哺乳類の化石見つかる…新種の可能性、ネズミぐらいの大きさか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

発見された「真三錐歯類」の下顎の骨と歯の化石=福井県立恐竜博物館提供
発見された「真三錐歯類」の下顎の骨と歯の化石=福井県立恐竜博物館提供

 福井県大野市の前期白亜紀の地層(約1億2700万年前)から、国内最古級の哺乳類の化石が見つかったと、県立恐竜博物館が7日、発表した。恐竜時代の原始的な哺乳類のグループ「真三錐歯しんさんすいし類」の化石で、新種の可能性があるという。

 化石は下顎の骨の一部(縦5・8ミリ、横13・1ミリ)で3本の歯が残っている。2019年に同市の「手取層群伊月層」と呼ばれる地層から発見されていたが、周囲の岩石の除去が難しく、今回、化石をコンピューター断層撮影法(CT)で調査。歯には1本ごとに、真三錐歯類の特徴である三つの突起(錐)があり、下顎の骨には爬虫はちゅう類から進化した痕跡である線状の溝「メッケル溝」があることを確認した。

見つかった哺乳類(手前)と「トリティロドン類」(右奥)の想像図=山本匠さん提供
見つかった哺乳類(手前)と「トリティロドン類」(右奥)の想像図=山本匠さん提供

 国内では恐竜時代の哺乳類の化石が10種類以上見つかっている。最古のものは約1億2100万~約1億3000万年前の化石で、石川県白山市の「手取層群桑島層」から見つかった。今回の化石はほぼ同時期のものだが、同博物館では「形状などから、まだ報告されていない種とみられる」としている。

 骨や歯の大きさから、体長約16~17センチで、ネズミぐらいの大きさの哺乳類だったと考えられる。

 同じ現場では哺乳類への進化段階にある爬虫類「トリティロドン類」の歯の化石も見つかり、同博物館は「恐竜が生息していた時代に多様な哺乳類がいたことを示す重要な発見」としている。

 今回発見された化石は3月中旬頃から、同博物館で展示する予定。

無断転載・複製を禁じます
1826162 0 科学・IT 2021/02/07 20:45:00 2021/02/07 22:20:45 2021/02/07 22:20:45 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210207-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)