読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本のサラリーマンら開発の超小型衛星を搭載、米補給船を野口飛行士が「キャッチ」成功

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の野口聡一飛行士(55)が22日夜、ロボットアームを操作し、食料など生活物資のほかに日本の衛星も積んだ米補給船をキャッチすることに成功した。

国際宇宙ステーションに近づく補給船(野口さんのツイッターより)
国際宇宙ステーションに近づく補給船(野口さんのツイッターより)

 補給船は、サラリーマンらが開発した「自撮り衛星」、筑波大発の新興企業が開発した衛星、室蘭工業大と大阪府立大が共同製作した衛星など日本の複数の超小型衛星を搭載し、21日に米バージニア州から打ち上げられた。

ロボットアームを操作し、補給船を捕獲した野口さん(野口さんのツイッターより)
ロボットアームを操作し、補給船を捕獲した野口さん(野口さんのツイッターより)

 野口飛行士は、捕獲成功後の地上との交信で「ステーションにようこそ」と歓迎した。日本の衛星はそれぞれISSから宇宙に放出される予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1863577 0 科学・IT 2021/02/24 10:59:00 2021/02/24 11:13:47 2021/02/24 11:13:47 国際宇宙ステーションに近づく補給船(野口さんのツイッターより) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210224-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)