読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

名古屋大教授の研究チーム、米化学会誌でも論文撤回…昨年の英ネイチャーに続き

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋大は、同大の伊丹健一郎教授らの研究チームが、2019~20年に米化学会誌2誌で発表した論文を撤回したと明らかにした。

 撤回したのは、炭素原子が短冊状に並んだ微小物質「グラフェンナノリボン」の新しい合成法に関する論文など2本。論文内容の再現実験を実施したところ、一部で再現性に問題があり、研究チーム側から撤回を申し入れたという。

 同チームの研究を巡っては、英科学誌ネイチャーに発表した別の論文も昨年11月、実験データに疑義があったとして撤回されている。名大は研究不正に当たるかどうかなどを調査中で、新たに撤回された論文との関連性についても調べる。

無断転載・複製を禁じます
1868093 0 科学・IT 2021/02/25 18:41:00 2021/02/25 19:27:11 2021/02/25 19:27:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)