読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

火星着陸時のパラシュート模様、実は「秘密の暗号」…数時間で解読

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

NASAの探査車が火星着陸時に使ったパラシュート。模様は「Dare mighty things(あえて壮大なことを)」という意味の暗号となっている(NASAテレビから)
NASAの探査車が火星着陸時に使ったパラシュート。模様は「Dare mighty things(あえて壮大なことを)」という意味の暗号となっている(NASAテレビから)

 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)が生命の痕跡を探すために火星に送り込んだ無人探査車「パーシビアランス」について、火星への着陸時に使ったパラシュートに「秘密の暗号」が隠されていたと話題を呼んでいる。

 探査車は18日、火星の大気圏突入後にパラシュートを開いて減速し、着陸に成功した。パラシュートは、赤と白の2色の図形が入り交じった独特の模様だった。

 NASA担当者が22日の記者会見で、模様の中に「メッセージを残した」と明かすと、世界中の宇宙ファンや科学者らが解読に挑戦。数時間後にインターネット上で「Dare mighty things(あえて壮大なことを)」との答えが投稿され、NASAも正解だと認めた。

 赤を「1」、白を「0」とコンピューターで使う2進数に置き換え、模様を中心から外に向かって読み解くと、これらのアルファベットが浮かび上がる。パラシュート外縁部の数字などは、探査車を開発したNASAジェット推進研究所の地理座標を意味するという。

 メッセージは、失敗を恐れずに大きな挑戦をすべきだと訴えた第26代米大統領セオドア・ルーズベルトの演説に由来し、同研究所がモットーにしている。米メディアによると、暗号を隠したことはNASAでも数人しか知らなかったという。

無断転載・複製を禁じます
1870193 0 科学・IT 2021/02/26 14:42:00 2021/02/26 16:14:05 2021/02/26 16:14:05 無人探査車パーシビアランスが火星着陸時に使ったパラシュート。この模様は「Dare mighty things(あえて壮大なことを)」という意味の暗号となっている(NASAテレビから) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)