読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「二重マスク」と不織布マスク1枚、ほぼ変わらず…感染防止効果を「富岳」で解析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

不織布マスクにウレタン製のマスクを重ねた場合に飛沫が広がる様子(理研・豊橋技術科学大・東工大提供、京都工芸繊維大など協力)
不織布マスクにウレタン製のマスクを重ねた場合に飛沫が広がる様子(理研・豊橋技術科学大・東工大提供、京都工芸繊維大など協力)

 理化学研究所や神戸大などの研究チームは4日、マスクを二重に着用したときの感染防止効果を、スーパーコンピューター「富岳ふがく」を使って解析した結果を発表した。新型コロナウイルスを含む飛沫ひまつの拡散は、二重マスクにしても、不織布マスク1枚をきちんと着けた場合とほぼ変わらなかったという。

不織布マスク1枚をきちんと着用し、せき込んだときに飛沫が広がる様子(理研・豊橋技術科学大・東工大提供、京都工芸繊維大など協力)
不織布マスク1枚をきちんと着用し、せき込んだときに飛沫が広がる様子(理研・豊橋技術科学大・東工大提供、京都工芸繊維大など協力)

 解析結果によると、不織布マスク1枚を鼻の金具を曲げて隙間なく着けた場合、飛沫の85%をキャッチし、拡散を防ぐ効果があった。不織布マスクにウレタン製のマスクを重ねて着用した場合は89%で、大きな差はなかった。

 二重マスクについては、効果が上がるとする報告を米疾病対策センター(CDC)が発表しているが、坪倉誠・理研チームリーダーは「二重マスクでは息苦しさも増す。不織布マスク1枚を顔に密着させて着けることを勧めたい」と話す。

 マスクを着用せず、歩行やランニング中に会話すると、後方に飛沫が飛ぶこともわかった。ウイルスを多く含む飛沫は、静止時は1メートル以内に落ちるが、歩行中は2~3メートル後ろにまで届いた。マスクを着ければ飛沫は抑えられた。

無断転載・複製を禁じます
1886924 0 科学・IT 2021/03/04 21:45:00 2021/03/05 06:40:55 2021/03/05 06:40:55 スパコン「富岳」で再現した、不織布マスクとウレタン製のマスクを重ねてせき込んだ時に飛まつが飛まつが広がる様子(提供:理研・豊橋技術科学大・東工大、協力:京都工芸繊維大、大阪大、大王製紙) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210304-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)