読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野口さん、6時間56分の船外活動終了…出迎えの飛行士と成功喜ぶ握手

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

船外活動を行った野口さんとルビンズ飛行士(中央)=船外へ出る前に撮影、野口さんのツィッターより
船外活動を行った野口さんとルビンズ飛行士(中央)=船外へ出る前に撮影、野口さんのツィッターより

 【ワシントン=船越翔】国際宇宙ステーション(ISS)で日本人最多となる4回目の船外活動に挑んでいた日本の野口聡一・宇宙飛行士(55)は日本時間6日午前3時半頃、すべての作業を終えた。活動時間は予定の6時間半から少し延び、6時間56分に及んだ。

船外活動を行う野口聡一さん(5日午後11時10分頃、NASAテレビから)
船外活動を行う野口聡一さん(5日午後11時10分頃、NASAテレビから)

 野口さんはペアを組んだ米航空宇宙局(NASA)のキャスリーン・ルビンズ飛行士と共に、同5日午後8時35分頃から船外活動を始め、新たな太陽電池パネルの土台の設置などに取り組んだ。作業を終えて船内に戻った野口さんは、出迎えた別の飛行士と握手を交わし、船外活動の成功を喜んだ。

無断転載・複製を禁じます
1890149 0 科学・IT 2021/03/06 09:21:00 2021/03/06 11:35:13 2021/03/06 11:35:13 船外活動を行う宇宙飛行士の野口聡一さん(右)(5日午後11時10分頃、NASAテレビから) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210306-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)