読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

青色LED発明でノーベル物理学賞、赤崎勇・名城大終身教授が死去…92歳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

赤崎勇・名城大終身教授(2016年1月9日、小林武仁撮影)
赤崎勇・名城大終身教授(2016年1月9日、小林武仁撮影)

 青色発光ダイオード(LED)を発明し、2014年のノーベル物理学賞を受賞した赤崎勇(あかさき・いさむ)・名城大終身教授が1日、肺炎のため、名古屋市内の病院で死去した。92歳だった。名城大が2日、発表した。告別式は近親者で行う。

 赤崎氏は名古屋大教授だった1989年、「20世紀中の実現は困難」と言われていた青色LEDの開発に成功した。LEDはこれで光の三原色(赤、緑、青)がそろい、白色の照明が実現した。LED照明は、発熱が少なくてエネルギー効率が高く、寿命が長い。蛍光灯などに代わる「21世紀の光源」として、電気が届いていない地域にも太陽電池とともに普及した。

 この功績が評価され、開発を一緒に行った教え子の天野浩・名古屋大教授(60)、青色LEDを別に発明した中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(66)とノーベル賞を共同受賞した。

 鹿児島県知覧村(現・南九州市)出身で、52年に京都大理学部を卒業。松下電器産業(現パナソニック)と名古屋大で、青色LEDの研究開発に力を注いだ。京都賞、藤原賞などを受賞し、2011年に文化勲章。

無断転載・複製を禁じます
1957080 0 科学・IT 2021/04/02 17:27:00 2021/04/02 22:08:34 2021/04/02 22:08:34 山中伸弥・京都大iPS細胞研究所所長と対談する赤崎勇・名城大終身教授、名古屋大特別教授(9日午後0時25分、名古屋市中村区で)=小林武仁撮影 2016年1月9日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210402-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)