「地球上最悪の侵略的植物」淡路島で繁殖、拡大しつつあり完全除去に10年以上か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 生態系や稲作への悪影響が懸念される特定外来生物の水草が、兵庫県洲本市五色町都志米山の本田ほんでん池で確認された。「地球上で最悪の侵略的植物」と言われるほど繁殖力が強い「ナガエツルノゲイトウ」。周辺にも拡大しつつあり、住民らが駆除に乗り出した。専門家は「被害を防ぐには初動が重要。行政も連携して対応すべきだ」と警鐘を鳴らす。(山口博康)

ナガエツルノゲイトウを駆除するため、遮光シートで覆う住民ら
ナガエツルノゲイトウを駆除するため、遮光シートで覆う住民ら

 池を管理する住民組織「米山逆池さかさまいけ田主たず」によると、県職員が現地を昨秋に視察した際、繁殖に気づき、岡本賢三代表(59)が環境省などに確認した。数年前に池に入ったとみられる。

 河川やため池の保全に努める市民グループ「兵庫・水辺ネットワーク」(神戸市)によると、塩分や乾燥にも強く、わずかな茎や根からも増殖。広がると在来植物の成長を阻害し、水田では稲の収穫量が落ちる。茎や葉が水路に詰まり、他の作物への被害や水害につながる恐れもあるという。

 尼崎、伊丹両市や稲美町のほか、琵琶湖(滋賀県)や印旛沼(千葉県)など国内各地で確認され、ブラックバスなどの生息地で見られることが多いため、釣り人が媒介している可能性が指摘されている。

 本田池では今、水面の約6割を覆うが、完全な除去は難しく、運搬の過程で拡散する危険性もある。このため、光合成を妨げて枯死させる駆除法を選択。11日に住民らと排水口付近の約100平方メートルを遮光シートで覆い、池の外へ流出しないよう周辺を網で囲った。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
1981983 0 科学・IT 2021/04/13 13:27:00 2021/06/04 09:17:53 2021/06/04 09:17:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210413-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)