「アポロ11号」乗組員、マイケル・コリンズさん死去…NASA「本当の先駆者失った」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米宇宙船アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した際、軌道上の司令船にとどまる任務を果たしたマイケル・コリンズさんが28日亡くなったと、米航空宇宙局(NASA)が発表した。90歳だった。家族によると、がんを患っていたという。

マイケル・コリンズさん(NASA提供、ロイター)
マイケル・コリンズさん(NASA提供、ロイター)

 コリンズさんはローマ生まれ。米空軍などを経て1963年、NASAの宇宙飛行士に選ばれた。69年7月、ニール・アームストロング船長(2012年死去)、バズ・オルドリン飛行士(91)と3人でアポロ11号に搭乗。コリンズさんは月を周回する司令船に1人で約28時間待機し、着陸船で月面に降りた2人を回収して地球に帰還した。

 月面着陸という華々しい活躍の裏方に徹したことから、「史上最も孤独だった男」「忘れられた飛行士」とも呼ばれた。帰還後は、ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館長などを務めた。NASAは声明で「我々は本当の先駆者を失った」と追悼の意を表した。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2019204 0 科学・IT 2021/04/29 02:19:00 2021/04/29 21:56:21 2021/04/29 21:56:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210429-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)