読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

緒方洪庵の「開かずの薬瓶」、素粒子で分析…白い粉末ついに成分判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 江戸時代後期の医師・蘭学者で、大阪大の原点とされる私塾「適塾」を開設した緒方洪庵(1810~63年)が残した薬瓶の中身を特定したと、大阪大などのチームが日本生薬学会の英文誌(電子版)で発表した。瓶は古くてふたが開けられなかったが、素粒子の一種「ミュー粒子」を使い、瓶を壊さずに調べた。

緒方洪庵が残した薬瓶(高橋京子・大阪大総合学術博物館招へい教授提供)
緒方洪庵が残した薬瓶(高橋京子・大阪大総合学術博物館招へい教授提供)

 阪大は洪庵が使った薬箱2箱を所蔵している。チームは、このうち晩年に使った薬箱に収められ、内部に白い粉末が入ったガラス瓶1本を調査した。

 ミュー粒子はガラスを通り抜けることができ、元素にぶつかると、その種類によって特性の異なるX線が放出される。茨城県東海村にある大強度陽子加速器施設「J―PARCパーク」で、ミュー粒子を瓶に照射。出てきたX線を分析したところ、水銀と塩素が中身の主な成分だとわかった。

 瓶のふたには「甘」の文字があり、当時「甘汞かんこう」と呼ばれ、下剤などとして使われた塩化水銀と特定した。複数の薬物に配合して脳卒中などの患者に使われたと考えられるという。

 チームの高橋京子・阪大総合学術博物館招へい教授(生薬学)は「洪庵が当時、病気をどのように治療しようとしたのかを解明する手がかりになる」と話す。

 ミュー粒子の活用に詳しい田中宏幸・東京大国際ミュオグラフィー連携研究機構長の話「ミュー粒子は考古学や文化財の調査でも既に広く使われているが、薬の瓶を対象にした点が面白い。ガラスを透過するミュー粒子の特性をうまく利用した例だ」

無断転載・複製を禁じます
2021437 0 科学・IT 2021/04/30 10:40:00 2021/04/30 16:54:33 2021/04/30 16:54:33 緒方洪庵が残した薬瓶(高橋京子・大阪大総合学術博物館招へい教授提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210430-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)