読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

野口さん「別れの曲」演奏の様子を投稿…ISS出発、さあ地球帰還へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】野口聡一・宇宙飛行士(56)ら4人を乗せた米民間宇宙船「クルードラゴン」が1日午後8時35分頃(日本時間2日午前9時35分頃)、地球に向け、国際宇宙ステーション(ISS)を出発した。順調に行けば、6時間余りたった2日未明(同2日午後)に米フロリダ沖に着水し、帰還する見通しだ。

米民間宇宙船「クルードラゴン」でISSから地球に帰還する前に、星出彰彦さん(左)と記念撮影する野口聡一さん(NASAテレビから)
米民間宇宙船「クルードラゴン」でISSから地球に帰還する前に、星出彰彦さん(左)と記念撮影する野口聡一さん(NASAテレビから)

 米宇宙企業スペースXが開発したクルードラゴンで地球とISSを往復するのは、日本人飛行士では野口さんが初めて。野口飛行士は出発に先立ち、「別れの曲でお別れしましょう」とツイッターに書き込み、ショパンのピアノ曲を自ら演奏する様子を投稿した。

 米航空宇宙局(NASA)によると、宇宙船はISSを離脱後に高度を徐々に下げ、大気圏に突入。パラシュートを段階的に開いて減速した後、フロリダ沖のメキシコ湾内に着水する。

 昨年11月にISSに到着した野口さんは約半年間の滞在期間中、ISSの部品を交換する船外活動や医学実験などにあたった。

野口聡一さんら4人の飛行士を乗せ、ISS(右下)から地球に向けて出発した米民間宇宙船「クルードラゴン」(NASAテレビから)
野口聡一さんら4人の飛行士を乗せ、ISS(右下)から地球に向けて出発した米民間宇宙船「クルードラゴン」(NASAテレビから)

 ISSには、日本人2人目の船長を務める星出彰彦飛行士(52)が滞在を続けている。秋頃までの約半年間、科学実験や超小型衛星の放出などにあたる。

無断転載・複製を禁じます
2025965 0 科学・IT 2021/05/02 09:57:00 2021/05/02 12:22:25 2021/05/02 12:22:25 米民間宇宙船「クルードラゴン」でISSから地球に帰還する前に、星出彰彦さん(左)と記念撮影する野口聡一さん(NASAテレビから) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)