情報抜き取り防ぐ新型ドローン開発…通信を暗号化、自衛隊や警察の利用想定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公開された新型ドローン
公開された新型ドローン

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、新興企業やNTTドコモ、ヤマハ発動機と連携し、通信の暗号化で情報の抜き取りなどを防ぐ新型ドローンを開発した。機密情報を扱う自衛隊や警察、電力会社などでの利用を想定しており、今秋以降に量産化したい考えだ。

 試作機は幅約65センチ、重さ約1・7キロ。ドローン開発の新興企業「自律制御システム研究所(ACSL)」(東京)が機体制御装置を手がけ、NTTドコモが飛行記録や撮影データなどの暗号化技術を提供した。ヤマハ発は製造面で技術支援を行った。

 ドローンを巡っては、操作時の乗っ取りや、データの抜き取りなどが懸念されている。空撮用ドローン市場は、中国企業が圧倒的なシェア(占有率)を持っており、国内で安全性の高いドローンの開発が急務だった。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2028489 0 科学・IT 2021/05/03 21:53:00 2021/05/03 21:53:00 2021/05/03 21:53:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210503-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)