読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国ロケットの残骸、インド洋に落下…米は運用巡り批判

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=川瀬大介、ワシントン=船越翔】中国の宇宙当局は9日、先月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B遥2」の残骸が9日午前10時24分(日本時間午前11時24分)、大気圏に再突入したと発表した。落下地点はインド洋の島国モルディブ付近の海域だったが、けが人などの被害情報は出ていない。

中国南部・海南島で打ち上げられたロケット「長征5号B遥2」(4月29日)=片岡航希撮影
中国南部・海南島で打ち上げられたロケット「長征5号B遥2」(4月29日)=片岡航希撮影

 中国有人宇宙プロジェクト弁公室によると、ロケットが落下したのは北緯2・65度、東経72・47度の周辺海域で、大部分は再突入時に「燃え尽きた」という。

 ロケットは中国が4月29日、独自の宇宙ステーション建設のために打ち上げた。全長約54メートルと大きく、米軍などは、再突入時に燃え尽きず、地表に落下する恐れもあるとみていた。

 米メディアによると、一般的なロケットは再突入時に燃え尽きない可能性がある場合、人がいない海域に落ちるよう制御されるが、このロケットは制御されていなかったとみられる。ロイター通信などは、昨年5月に中国が打ち上げた同型ロケットの破片が西アフリカ・コートジボワールの民家に落下したと報じている。

 米航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官は、再突入を受けて声明を出し、「宇宙開発を行う国は、大気圏に再突入する物体が与えるリスクを最小限に抑える一方、運用に関する透明性は最大限に高める必要がある」と中国を批判した。

 打ち上げたロケットを安全な場所に落下させることに関して、現在、強制力のある国際ルールはない。中国は今後も同型ロケットを打ち上げる予定で、同様の事態が繰り返される恐れもある。米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジョナサン・マクダウェル博士は、「各国政府の担当者を集めて国連で議論し、世界的な規範作りを進めるべきだ」と指摘している。

無断転載・複製を禁じます
2038609 0 科学・IT 2021/05/09 12:18:00 2021/05/09 23:32:06 2021/05/09 23:32:06 独自の宇宙ステーション「天宮」建設に向け、中核施設「天和」を乗せて文昌衛星発射センターから打ち上がるロケット「長征5号B遥2」(29日午前11時23分、海南省文昌市で)=片岡航希撮影独自の宇宙ステーション「天宮」建設に向け、中核施設「天和」を乗せて文昌衛星発射センターから打ち上がるロケット「長征5号B遥2」(29日午前11時23分、中国海南省文昌市で)=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210509-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)