読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小惑星離れ23億キロの旅、米国版「はやぶさ」地球へ出発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)は10日、探査機「オシリス・レックス」が、探査していた小惑星ベンヌを離れ、地球に向けて出発したと発表した。地球帰還は2023年9月24日の予定で、小惑星の砂や石が入ったカプセルを切り離して米ユタ州の砂漠へ投下する。

米探査機「オシリス・レックス」のイメージ図。2023年の地球帰還を目指し、小惑星から出発した(NASA提供)
米探査機「オシリス・レックス」のイメージ図。2023年の地球帰還を目指し、小惑星から出発した(NASA提供)

 NASAの研究チームは10日午後、探査機から出発の成功を示すデータが送られてきたことを確認した。担当者は「最大の目標である探査機の帰還に向けて、次の段階に進んだことに興奮している」と喜んだ。

 日本の探査機「はやぶさ」の米国版とも呼ばれるオシリス・レックスは、16年9月に打ち上げられた。昨年10月にベンヌに着地し、60グラムを超える砂や石の採取に成功。今後は2年以上かけて約23億キロ・メートルを飛行し、地球を目指す。探査機本体はカプセルを投下した後、異常がなければ、そのまま別の小惑星探査に向かう。

 試料には生命の起源の手がかりとなる有機物が含まれている可能性があり、カプセル回収後に分析を進める。また、試料の一部は、日本のはやぶさ2が採取した小惑星リュウグウの試料と交換し、日米双方の研究に活用する。

無断転載・複製を禁じます
2042830 0 科学・IT 2021/05/11 10:44:00 2021/05/11 10:44:00 2021/05/11 10:44:00 小惑星ベンヌから地球に向けて出発した探査機オシリス・レックスのイメージ図(NASA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)