読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国の無人探査機、火星着陸に「成功」…米国と競争激化か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=川瀬大介】中国政府は15日、中国の無人火星探査機「天問1号」が火星への着陸に成功したと発表した。探査機の火星着陸は旧ソ連、米国に続いて3か国目。探査車「祝融」が火星表面の気候や地質などの調査を行う計画で、探査に成功すれば米国に続く2か国目となる。「宇宙強国」を目指す中国が、米国の独壇場だった火星探査を本格化させることで、宇宙を巡る競争が激しくなりそうだ。

 天問1号の着陸機は15日早朝、火星の大気圏に突入後、逆噴射を行うなどして減速しながら降下し、予定していた「ユートピア平原」に着陸した。火星は地球より大気が薄いため減速が難しく、着陸の難易度が高い。習近平シージンピン国家主席は「火星に初めて中国人の痕跡を残した。我が国の宇宙事業発展の一里塚となった」とする祝電を発表した。

火星への着陸成功が報じられた無人火星探査機「天問1号」の探査車の模型(ロイター)
火星への着陸成功が報じられた無人火星探査機「天問1号」の探査車の模型(ロイター)

 天問1号は、火星の周囲を巡る周回機と火星表面で活動する探査車、探査車を火星に届ける着陸機で構成される。昨年7月に打ち上げられ、今年2月には火星の周回軌道に投入することに成功した。その後、約3か月かけて火星の着陸予定地の地形や天候を調査し、着陸準備を進めていた。

 中国は今後、祝融による火星表面での探査を本格化させる。天問1号の成果を、将来的に視野に入れる火星でのサンプル回収や、木星や小惑星の探査に生かしていく考えだ。

無断転載・複製を禁じます
2053603 0 科学・IT 2021/05/15 09:45:00 2021/05/15 12:45:07 2021/05/15 12:45:07 A replica of the Tianwen-1 Mars rover is displayed during an exhibition inside the National Museum in Beijing, China March 3, 2021. REUTERS/Tingshu Wang★国際部が2021年5月15日にロイターから購入(定額でDL) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210515-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)