読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

のろのろ「秋台風」…近年、速度が遅くなった原因は「弱まった偏西風」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本に接近・上陸する9月の「秋台風」の移動速度が近年遅くなっているとする解析結果を、気象庁気象研究所が18日発表した。地球温暖化の影響とみられ、強い勢力のまま襲来する台風がのろのろと動けば、暴風雨が長引いて一層の被害拡大を招くと懸念される。

ブルーシートで屋根が覆われた住宅が目立つ千葉県鋸南町(2019年10月撮影)
ブルーシートで屋根が覆われた住宅が目立つ千葉県鋸南町(2019年10月撮影)

 同研究所の山口宗彦・主任研究官らは、過去40年間に襲来した台風を、前半20年(1980~99年)と後半20年(2000~19年)に分け、移動速度を比べた。

 その結果、9月の台風は、後半20年の方が遅い傾向にあることが判明。地区別では、東京付近に近づいた台風の平均速度は、時速約54キロ・メートルから同約35キロ・メートルと約35%低下していた。大阪付近も約33%遅くなっていた。千葉県を中心に大規模停電などの被害が出た2019年9月の台風15号の速度は、過去30年間の平均よりも約40%遅かったという。

 原因は、本州付近に到達した台風を東方向へ押し出して加速させる偏西風が弱まっているためだ。近年は温暖化の影響で9月になっても熱帯域が拡大したままの状態が続き、偏西風の南下も遅れているという。9月以外の台風では明らかな差はなかったが、今世紀末に世界の平均気温が産業革命時より約4度上昇する想定では、10月の台風も速度が遅くなると推定された。

 中村尚・東京大教授(気候力学)の話「温暖化の影響で海水温が上昇し、台風は衰えにくくなっている。日本列島にとどまる時間が長引くと、相乗効果で雨風や高潮の被害が激甚化する恐れがある」

無断転載・複製を禁じます
2060149 0 科学・IT 2021/05/18 13:23:00 2021/05/18 13:43:32 2021/05/18 13:43:32 台風15号で千葉県が大規模停電などの被害を受けてから1か月。今もブルーシートで屋根が覆われた住宅が目立つ。千葉県鋸南町で。2019年10月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210518-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)