読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

1千キロ離れた重機を遠隔操作、整地に成功…月面基地建設へ実証実験

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)と鹿島建設は18日、将来の月面基地建設に向け、約1000キロ・メートル離れた重機の遠隔操作と自動運転の実証実験を行い、成功したと発表した。

JAXA相模原キャンパスから種子島宇宙センターにある無人ローラー車を遠隔操作(鹿島建設提供)
JAXA相模原キャンパスから種子島宇宙センターにある無人ローラー車を遠隔操作(鹿島建設提供)

 JAXAは将来、月面に有人基地や燃料となる水素の製造工場を建設することなどを構想している。多人数を送り込むのは難しいため、無人の重機を遠隔操作して工事を進める研究を、鹿島建設と2016年から共同で進めている。

遠隔操作で障害物をよけながら走行する無人ローラー車(鹿島建設提供)
遠隔操作で障害物をよけながら走行する無人ローラー車(鹿島建設提供)

 実験は今年3月に行われた。JAXAの相模原キャンパス(相模原市)から、種子島宇宙センター(鹿児島県)の工事現場にある無人ローラー車に指示を送り、動かした。ローラー車は遠隔操作で障害物をよけながら約30メートル移動。さらに自動運転に切り替え、約400平方メートルの土地を整地した。

 地球から約38万キロ・メートル離れた月との通信には数秒ほどかかる。実験はわざと通信を遅らせて実施したが、運転に問題はなかった。重機の位置の把握に使った全地球測位システム(GPS)は、月では使えないため、別の方法での測位も検討する。

無断転載・複製を禁じます
2061596 0 科学・IT 2021/05/19 00:09:00 2021/05/19 00:09:00 2021/05/19 00:09:00 JAXAの相模原キャンパスから、種子島宇宙センターの工事現場にある無人ローラー車を遠隔操作するJAXA職員(3月、鹿島建設提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210518-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)