読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

年間平均気温、東日本は0・4度上昇…天気の「平年値」10年ぶりに更新

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁は19日、気温や降水量の標準的な状態を示す「平年値」を10年ぶりに更新した。地球温暖化などの影響で、各地の年平均気温が0・1~0・5度上昇し、夏~冬の降水量も10%程度多くなった。

気象庁虎ノ門庁舎
気象庁虎ノ門庁舎

 平年値は、過去30年間の観測データに基づき、10年ごとに更新される。今回は1981~2010年の平均から、1991~2020年の平均に切り替わった。

 気温の上昇が最も大きかったのは、水戸と宇都宮の0・5度で、仙台、東京など東日本のほとんどの地点で0・4度高くなった。西日本も高松で0・4度、福岡で0・3度、大阪で0・2度上がった。

 降水量は、夏の西日本や秋と冬の太平洋側で10~30%程度増加する一方、各地の降雪量は暖冬の影響で減少した。

無断転載・複製を禁じます
2064448 0 科学・IT 2021/05/19 22:58:00 2021/05/19 22:58:00 2021/05/19 22:58:00 気象庁虎ノ門庁舎(仮称)。東京・港区で。2020年12月12日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210519-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)