読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】1億円で研究どうぞ…物材機構、人材公募へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本を代表する材料研究開発拠点の国立研究開発法人「物質・材料研究機構」(茨城県つくば市)は、世界トップレベルの研究者を公募し、研究室の新設資金として最大1億円を配分する新制度を6月に始める。国内では異例の好待遇で、国際競争が激しい蓄電池や半導体などの材料開発を先導する人材を確保する。

蓄電池や半導体材料

 日本の材料研究は青色発光ダイオード(LED)やリチウムイオン電池の開発でノーベル賞を受賞するなど世界をリードしてきた。近年は中国や韓国などが追い上げ、製品のシェア(市場占有率)を奪われつつある。物材機構は優秀な研究者を招き、研究の底上げを図ることにした。

 募集は若干名で、年齢や国籍は問わない。応募者を国際水準の研究業績などから選抜し、来年度から研究グループリーダーとして採用する方針だ。1億円は機材の購入費や研究費などに充て、給与は別に支給する。

残り:260文字/全文:641文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2089864 0 科学・IT 2021/05/31 15:00:00 2021/05/31 17:28:40 2021/05/31 17:28:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210531-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)