読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宇宙ごみ、ISSに衝突…船外のロボットアームに穴

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】カナダ宇宙庁は、国際宇宙ステーション(ISS)の船外にあるロボットアームに宇宙ごみが衝突し、穴が開く事故が起きたと発表した。同庁はロボットアームの機能に影響はないとしているが、地球近傍の宇宙空間を飛び交う宇宙ごみの脅威が改めて浮き彫りになった形だ。

ISSのロボットアームに宇宙ごみが衝突(左写真の丸で囲まれた部分)。拡大すると約5ミリの穴が確認された(右写真)(米航空宇宙局、カナダ宇宙庁提供)
ISSのロボットアームに宇宙ごみが衝突(左写真の丸で囲まれた部分)。拡大すると約5ミリの穴が確認された(右写真)(米航空宇宙局、カナダ宇宙庁提供)

 カナダが開発したロボットアームは長さ17メートル、直径35センチ。発表によると、先月12日に定期検査をしていたところ、アーム中央の関節近くに5ミリ・メートルほどの小さな穴を発見。穴の形状などから宇宙ごみとの衝突で生じたと判断した。

 ロボットアームはISSの修理作業や補給船のISSドッキングなどに使われるが、同庁は「運が良かった。損傷の範囲は限定的で、予定通り活動を続ける」と強調した。

 宇宙ごみは、運用を終えた衛星やロケットの一部などで、運用中の人工衛星などに衝突すれば故障につながる。同庁によると、2万3000個以上あるソフトボール以上の大きさの宇宙ごみは24時間体制で監視しているが、さらに小さなサイズになると位置の把握が難しいという。

 米メディアによると、2016年には微小の宇宙ごみがISSにぶつかり、窓に小さな傷がついたこともあるという。

無断転載・複製を禁じます
2094678 0 科学・IT 2021/06/02 10:52:00 2021/06/02 12:42:40 2021/06/02 12:42:40 ISSに取り付けられているロボットアーム。左の写真で黄色い丸で囲われた部分に穴が空いた。右の写真が穴の部分を拡大したもの(米航空宇宙局、カナダ宇宙庁提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210602-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)