読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

NASA、金星探査2機打ち上げへ…「マゼラン」以来35年ぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米航空宇宙局(NASA)は、2028~30年に2機の金星探査機を打ち上げ、大気や火山活動の謎の解明に向けた探査活動を始めると発表した。NASAが探査機を送り込んで金星を調べるのは、1994年に探査機「マゼラン」の運用を終えて以来、約35年ぶりとなる。

金星探査機「ベリタス」のイメージ(NASA提供)
金星探査機「ベリタス」のイメージ(NASA提供)

 「ダビンチ・プラス」と名付けた計画では、金星の地表に球状の探査機を送り、大気の組成などを分析する。もう一つの計画「ベリタス」では、金星上空の探査機が高精度の立体地図を作成し、地表の動きから火山活動の状況などを調べる。予算はいずれも約5億ドル(約550億円)。

金星探査機「マゼラン」などの観測データを基に描いた金星の表面画像(NASA提供)
金星探査機「マゼラン」などの観測データを基に描いた金星の表面画像(NASA提供)

 金星は太陽からの距離や大きさが地球と似ており、かつては海に覆われていた可能性もあるとされる。だが、現在、地表は約460度に達する灼熱しゃくねつ環境で、成り立ちに謎が多い。NASAのビル・ネルソン長官は2日の演説で「金星の探査によって地球の進化の理解も深まる」と意義を語った。

 金星では、2010年に打ち上げられた日本の探査機「あかつき」が観測を続けている。昨年9月には、日英などのチームが電波望遠鏡などの観測で、金星の大気に生物由来の可能性がある物質を発見したと発表した。

無断転載・複製を禁じます
2105775 0 科学・IT 2021/06/06 23:42:00 2021/06/06 23:42:00 2021/06/06 23:42:00 金星探査機「ベリタス」のイメージ図(NASA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210606-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)