読売新聞オンライン

メニュー

ノーベル化学賞・根岸英一さん死去…「根岸カップリング」編み出す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

米パデュー大特別教授の根岸英一さん
米パデュー大特別教授の根岸英一さん

 【ワシントン=船越翔】医薬品や液晶画面などの生産に使われる新たな有機化合物の合成方法を開発し、2010年のノーベル化学賞を受賞した根岸英一・米パデュー大特別教授が6日、米中西部インディアナ州インディアナポリスで死去した。85歳だった。パデュー大が10日に発表した。

 根岸氏は1935年に旧満州(中国吉林省長春市)で生まれ、58年に東京大工学部を卒業。化学メーカー「帝人」を経て、研究拠点を米国に移し、米シラキュース大助教授やパデュー大教授などを歴任した。99年にパデュー大特別教授となり、2010年に文化勲章を受章した。

 構造の異なる2種類の有機化合物をくっつける「クロスカップリング」の研究を続け、1970年代にパラジウムを触媒とした効率的な合成反応を編み出した。この反応は「根岸カップリング」と名付けられ、抗生物質や農薬、有機ELパネルの製造などで幅広く応用されている。

 ノーベル賞は、別の合成方法「鈴木カップリング」を開発した鈴木章・北海道大名誉教授(90)と共同受賞し、日本の得意分野とされるクロスカップリングの研究水準の高さを世界に示した。

 受賞後も、植物の光合成を再現する研究などに取り組み、度々来日していた。

 鈴木名誉教授は読売新聞の取材に対し、「50年ほど前から彼のことを知っていて、彼の家に泊まりに行ったこともある。寂しいし、悲しい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2119257 0 科学・IT 2021/06/12 12:17:00 2021/06/12 12:17:00 2021/06/12 12:17:00 インタビューに答えるノーベル化学賞受賞者の根岸英一氏(11月26日、兵庫県淡路市で)2014年11月26日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210612-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)