読売新聞オンライン

メニュー

水深10センチでも子ども溺れる、京大実験…水路の幅狭いほど危険

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 子どもが幅の狭い用水路や側溝に転落した場合、流れる水の深さが10センチ・メートル程度でも下流に流されたり、溺れたりする恐れがあるとする実験結果を、京都大のチームがまとめた。こうした狭い水路での水難事故が全国で相次いでいることから、研究チームは柵やふたの設置など適切な対策を取るよう呼びかけている。

 京大の岡本隆明助教(防災水工学)らは、実験用水路と人体模型を使い、体が受ける水の力や水位の変化を調べた。身長1メートル20、体重23キロ・グラムの子どもが転落したと想定し、水の流れは一般的な降雨時の流速(毎秒0・5~2メートル)とした。

 その結果、幅40センチの水路の底に座る格好で転落した場合、水深が十数センチで下流に流される恐れがあることが判明。水路の幅が狭いほど、体にせき止められた水で上流側の水位が高まり、押し流す力が増すことがわかった。

 また、上流側に頭を向けて寝そべった姿勢では、元々の水深が約10センチでも、頭の近くでは水位が約2倍に上昇。口や鼻が水面下に沈んで溺れる危険性があることも明らかになった。

 用水路や側溝では、子どもや高齢者らが転落して亡くなるケースが後を絶たない。警察庁の統計では、こうした水難事故による死者・行方不明者は毎年50~80人前後に上るという。

  斎藤秀俊・水難学会会長 の話「狭い水路の危険性を数値で具体的に示した点で評価できる。水難事故の多くは身近な水辺で起きるため、各地域で水辺の状況に応じた対策を講じる必要がある」

無断転載・複製を禁じます
2128647 0 科学・IT 2021/06/16 15:00:00 2021/06/16 15:42:42 2021/06/16 15:42:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210616-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)