読売新聞オンライン

メニュー

中国が有人宇宙船打ち上げ…飛行士3人、宇宙ステーション建設で3か月滞在へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【瀋陽=川瀬大介】中国は17日、宇宙飛行士3人が乗る宇宙船「神舟12号」を搭載したロケットを打ち上げた。3人の宇宙飛行士は、地球の周回軌道上を回る独自の宇宙ステーションの中核施設「天和」に約3か月滞在し、ステーションの建設作業などを行いながら、宇宙空間での長期滞在に必要な技術を検証する。

17日、中国の酒泉衛星発射センターで、搭乗の準備を整えた3人の宇宙飛行士(AP)
17日、中国の酒泉衛星発射センターで、搭乗の準備を整えた3人の宇宙飛行士(AP)

 中国の有人宇宙活動は2016年以来、約5年ぶり。「宇宙強国」の実現を掲げる中国は、将来的に月に宇宙飛行士を滞在させての有人探査を計画しており、ステーションを利用して宇宙空間での長期滞在ノウハウを蓄積したい考えだ。

 中国は2022年末までにステーションを完成させる計画だ。

無断転載・複製を禁じます
2130432 0 科学・IT 2021/06/17 10:37:00 2021/06/17 11:23:12 2021/06/17 11:23:12 Chinese astronauts, from left, Liu Boming, Nie Haisheng, and Tang Hongbo wave as they prepare to board for liftoff at the Jiuquan Satellite Launch Center in Jiuquan in northwestern China, Thursday, June 17, 2021. China plans on Thursday to launch three astronauts onboard the Shenzhou-12 spaceship who will be the first crew members to live on China's new orbiting space station Tianhe, or Heavenly Harmony. (AP Photo/Ng Han Guan) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210617-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)