読売新聞オンライン

メニュー

堤防決壊の9割を32時間前に警告…東大とJAXAが河川氾濫の予測システム

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2019年の台風19号に伴う豪雨で決壊した千曲川(長野市で、読売ヘリから)
2019年の台風19号に伴う豪雨で決壊した千曲川(長野市で、読売ヘリから)

 東京大と宇宙航空研究開発機構( JAXAジャクサ )の研究チームは18日、共同開発した河川氾濫の予測システムを2019年の台風19号の接近・上陸時に利用した結果、堤防決壊の9割を平均32時間前に予測できたと発表した。今後さらに精度を改善し、自治体の災害対策に役立てたいとしている。

 システムは、JAXAの地球観測衛星「だいち2号」から得られる河川や周辺地形、気象庁の降水予報などのデータを基に水位を予測。氾濫の危険性が高まる「200年に1回」の水位に達すると見込まれた場合に、警告を出して危険を知らせる。

 東日本を襲った台風19号では、国や都道府県が管理する河川の142か所が決壊したが、システムはこのうち130か所で事前に警告を出した。決壊までの時間は平均32時間だった。一方で、警告が出たが決壊しなかった場所も412か所あり、全体の76%が「空振り」という結果になった。

 洪水の発生予測は、気象庁以外が一般に公表することは認められていない。このためチームは、共同研究に参加する自治体に限って共有することにしている。

 チームの芳村圭・東京大教授(水文学)は、より詳細な地形データなどを取り込んで精度向上を目指すといい、「自治体には災害発生までの準備時間を確保するためにシステムを役立ててもらいたい」と話す。

無断転載・複製を禁じます
2137177 0 科学・IT 2021/06/18 21:39:00 2021/06/18 21:39:00 2021/06/18 21:39:00 台風19号。千曲川の堤防が決壊し、冠水した流域の住宅地。長野市で、本社ヘリから。2019年10月13日撮影。同月18日読売中高生新聞「台風19号猛威 川氾濫 各地で浸水 死者70人超」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)