読売新聞オンライン

メニュー

スパコン世界ランク、富岳が3期連続4冠…計算速度は「毎秒44京2010兆回」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 理化学研究所は28日、富士通と共同開発したスーパーコンピューター(スパコン)の「 富岳ふがく 」が、計算速度を競う「TOP500」など4部門の世界ランキングでトップになったと発表した。昨年6月と11月に続き、3期連続で4冠を達成した。

計算速度などを競う4部門の世界ランキングで3期連続トップになった「富岳」
計算速度などを競う4部門の世界ランキングで3期連続トップになった「富岳」

 世界ランキングは、研究者らによる国際会議で毎年6、11月に公表されている。富岳の計算速度は前期と変わらない毎秒44京2010兆回(京は1兆の1万倍)で、2位の米国製スパコンの約3倍だった。今回も富岳並みの性能を持つ新型スパコンは登場せず、「TOP500」の上位4位までの顔ぶれや順位に変動はなかった。

 富岳はほかに、産業利用で使う計算の処理速度を測る「HPCG」、人工知能(AI)分野で使う計算能力をみる「HPL―AI」、ビッグデータの解析能力の指標となる「Graph500」の各部門でもトップの座を守った。

 理研の計算科学研究センター(神戸市)に設置されている富岳は、今年3月から本格運用を開始。新型コロナウイルスを含む 飛沫ひまつ の広がり方の再現や、変異ウイルスの感染リスクの予測などで研究成果を出している。松岡聡センター長は「新型コロナ対策で政府や企業の指針策定などに大いに貢献する成果を上げてきた。3度4冠に輝き、広い分野で世界的な先進性が示された」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
2162858 0 科学・IT 2021/06/28 21:40:00 2021/06/29 01:31:44 2021/06/29 01:31:44 本格運用が開始されたスーパーコンピューター「富岳」(9日午前10時13分、神戸市中央区で)=宇那木健一撮影2021年3月9日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210628-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)