光沢ある青い体と鮮やかな模様…沖縄の新種ゴキブリ2種、「緊急指定種」に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 環境省は29日、沖縄県に生息する新種のゴキブリ2種とムカデ1種の計3種を、種の保存法に基づく「緊急指定種」に決めたと発表した。7月1日から3年間、捕獲や殺傷、譲渡などが禁止される。違反した場合、5年以下の懲役または500万円以下の罰金が科せられる。

環境省
環境省

 与那国島の「ウスオビルリゴキブリ」と宮古島の「ベニエリルリゴキブリ」は、成虫のオスの体長が1センチ超で、光沢のある青い体と鮮やかな模様が特徴だ。沖縄本島北部などに生息する「リュウジンオオムカデ」は体長約20センチ。3種は、いずれも森林に生息する。

新種と認定された「ベニエリルリゴキブリ」=柳沢静磨さん提供
新種と認定された「ベニエリルリゴキブリ」=柳沢静磨さん提供

 3種は昨年から今年にかけて新種とわかった。緊急指定種は新種などで早急な保護が必要なケースに適用され、今回の指定で計8種となった。過去の5種は指定期間を終えている。

 3種の新種認定に関わった法政大の島野智之教授(動物分類学)は「注目される新種はネット販売される恐れがあり、早急な保護が必要」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2165117 0 科学・IT 2021/06/29 19:05:00 2021/06/30 09:02:28 2021/06/30 09:02:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210630-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)