読売新聞オンライン

メニュー

北海道・大樹の小型ロケット、あと1キロ「宇宙」に届かず…1年ぶり打ち上げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道 大樹たいき 町の宇宙新興企業インターステラテクノロジズは3日、同町から小型ロケット「 MOMO 7号機」(全長10メートル、重さ1・22トン)を打ち上げ、飛行高度は99キロ・メートル(速報値)だったと発表した。

打ち上げられた小型ロケット「MOMO7号機」(3日午後5時45分、大樹町で)=松本拓也撮影
打ち上げられた小型ロケット「MOMO7号機」(3日午後5時45分、大樹町で)=松本拓也撮影

 同社によると、7号機は3日午後5時45分、同町の実験場から打ち上げられた。エタノールを主原料とする燃料を燃やして上昇した後、慣性飛行で99キロ・メートルの飛行高度に達した。機体は同町沖の太平洋に落下した。

 7号機は、2020年7月の打ち上げ直前にエンジン点火器の不良で緊急停止したため、機体を全面改良した。打ち上げは1年ぶりで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行い、インターネットで生中継された。

 同社のロケットは3号機が19年5月に、民間単独では日本初となる高度100キロ・メートル以上の宇宙空間に到達している。

無断転載・複製を禁じます
2176578 0 科学・IT 2021/07/03 19:05:00 2021/07/03 19:10:12 2021/07/03 19:10:12 打ち上げに成功した小型ロケット「MOMO7号機」(3日午後5時45分、大樹町で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)