読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

石段の傍らよじ登り…829m登頂、太宰府のヒキガエル

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県太宰府市の市民遺産に認定された宝満山(829メートル)のヒキガエルが、麓から山頂まで登ったことが、地元の保護団体によって確認された。

石段の傍らを登って山頂に到達するヒキガエル
石段の傍らを登って山頂に到達するヒキガエル

 「宝満山ヒキガエルを守る会」会員で佐賀大名誉教授の田中明さん(77)(環境情報学)によると、産卵場所である麓の池では5月8日、オタマジャクシから成長した子ガエルが上陸を開始。林道や登山道などを経て、今月2日に少なくとも数匹が山頂に達したという。3日も石段の傍らをよじ登って山頂に到達する子ガエルの姿が見られた。

 同会によると、例年、1万~10万匹の子ガエルが池から出発。天敵の蛇・ヤマカガシやアリの群れに襲われながら、標高差約600メートル、2・5キロほどの道のりを経て、100~1000匹ほどが登頂する。数年後に麓の池に下りて繁殖行動をするとみられている。

 田中さんは「子ガエルは降雨時によく移動する。登頂は数日ほど続くが、大雨や雷の時は注意してほしい」と指摘。同会会長の渡辺ひとみさん(73)は「今年も山頂まで登れたことが確認できて良かった」と喜んだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2177672 0 科学・IT 2021/07/04 05:34:00 2021/07/04 05:39:02 2021/07/04 05:39:02 石段の傍らを登って山頂に到達するヒキガエル(3日午前11時51分、宝満山で)=小松一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210704-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)