読売新聞オンライン

メニュー

ベゾス氏ら4人搭乗の宇宙船打ち上げ、宇宙空間に到達…10分後に地球に戻る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏率いる米宇宙企業「ブルーオリジン」は20日午前(日本時間20日夜)、新型宇宙船「ニューシェパード」を米テキサス州から打ち上げた。ベゾス氏ら4人が搭乗した宇宙船は高度100キロ・メートル超の宇宙空間に到達し、約10分後に地球に戻った。

ベゾス氏ら4人を乗せて打ち上げられたブルーオリジンの宇宙船(ロイター)
ベゾス氏ら4人を乗せて打ち上げられたブルーオリジンの宇宙船(ロイター)

 同社が有人宇宙飛行を実施するのは初めて。地球帰還後、ベゾス氏は「これまでで最良の日だ」と述べた。11日には、米企業「ヴァージン・ギャラクティック」も創業者らが乗った有人飛行に成功しており、民間人が宇宙旅行を楽しむ時代にまた一歩近づいた形だ。

ジェフ・ベゾス氏(ロイター)
ジェフ・ベゾス氏(ロイター)

 ニューシェパードは、人が搭乗するカプセル(高さ約3メートル)とロケット(同約16メートル)で構成されている。今回は、ベゾス氏と弟のマーク氏、宇宙飛行士候補だった82歳の米国人女性、オランダの18歳の男性が乗り、宇宙飛行に臨んだ。

 宇宙船は20日午前8時10分頃(日本時間20日午後10時10分頃)に打ち上げられ、ロケットから分離したカプセルが上昇を続け、高度約105キロ・メートルに達した。その後、カプセルはパラシュートで減速しながら、同州の砂漠への着陸に成功した。

 ブルーオリジンによると、年内にさらに2回の打ち上げを予定しており、定期的に有人宇宙飛行を実施していくとみられる。2000年創業の同社は、米国の有人月探査「アルテミス計画」で使用を目指す月着陸船の開発なども手がけている。

無断転載・複製を禁じます
2222803 0 科学・IT 2021/07/20 22:37:00 2021/07/20 23:33:55 2021/07/20 23:33:55 Billionaire businessman Jeff Bezos is launched with three crew members aboard a New Shepard rocket on the world's first unpiloted suborbital flight from Blue Origin's Launch Site 1 near Van Horn, Texas, U.S., July 20, 2021 in a still image from video.  Blue Origin/Handout via REUTERS.     NO RESALES. NO ARCHIVES. THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)