読売新聞オンライン

メニュー

原子力規制委、日本原燃の放射性廃棄物の埋設施設に「合格証」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 原子力規制委員会は21日、日本原燃の「低レベル放射性廃棄物埋設センター」(青森県)について、安全審査の「合格証」にあたる審査書を決定した。

 センターは、全国の原子力発電所の運転や定期検査で出る放射性廃棄物を埋設処分する施設で、同社は2018年、施設の拡充・増設の審査を申請していた。

 埋設処分の対象は、放射能レベルごとに3段階(L1~L3)に区分される低レベル放射性廃棄物のうち、2番目に高い「L2」。交換した配管や保温材などをモルタルで固めてドラム缶に詰め、防水対策をして土で覆う。23年度から増設区画で操業を始める予定だ。

無断転載・複製を禁じます
2225999 0 科学・IT 2021/07/21 23:33:00 2021/07/21 23:33:00 2021/07/21 23:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)