読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「標準理論」確立に貢献、理論物理学者のワインバーグ氏死去…88歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】AP通信などによると、素粒子や自然界で働く力の作用を説明する「標準理論」の確立に大きく貢献した理論物理学者のスティーブン・ワインバーグ米テキサス大オースティン校教授が23日、死去した。88歳だった。

88歳で死去したスティーブン・ワインバーグ氏(AP)
88歳で死去したスティーブン・ワインバーグ氏(AP)

 1933年、米ニューヨーク生まれ。米プリンストン大で博士号を取得し、素粒子理論の研究に取り組んだ。

 自然界で知られる四つの力のうち、「電磁気力」と「弱い力」を統一して説明する理論を67年に発表。この業績で、79年にノーベル物理学賞を米国とパキスタンの研究者2人と共に受賞した。

 宇宙の成り立ちや科学史などをテーマにした著作も多く残した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2233504 0 科学・IT 2021/07/25 20:25:00 2021/07/25 20:25:00 2021/07/25 20:25:00 FILE - In this Oct. 15, 1979, file photo, professor Steven Weinberg, of Cambridge, Mass., poses for a picture. Weinberg, the 1979 winner of the Nobel prize in physics with two other scientists for their work unlocking mysteries of tiny particles, has died at 88. Spokesperson Christine Sinatra at the University of Texas at Austin says Weinberg died Friday, July 23, 2021, at a hospital in Austin. (AP Photo/File) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)