読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

竹食べるパンダ、他のクマで退化した前臼歯が発達…あごの関節も横方向に動く構造

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ジャイアントパンダが硬い竹を食べ続けられるのは、あごの関節や歯のかみ合わせが独自に進化を遂げたためだとする研究成果を、フィンランドと中国の国際研究チームがまとめた。論文が英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

竹を食べるジャイアントパンダ(2017年、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)
竹を食べるジャイアントパンダ(2017年、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで)

 パンダは200万年前までに、中国の竹林地帯でクマとの共通の祖先から分かれたと考えられている。他の動物が見向きもせず、豊富に生える竹を主食として進化してきた。

ジャイアントパンダの頭蓋骨。口の前側にある犬歯の後ろに前臼歯や臼歯が並ぶ(トゥルク大提供)
ジャイアントパンダの頭蓋骨。口の前側にある犬歯の後ろに前臼歯や臼歯が並ぶ(トゥルク大提供)

 竹の外皮には有毒成分が多く含まれる。国際チームのフィンランド・トゥルク大などは、パンダが竹を食べる際、上下4本の犬歯の奥に並ぶ「前臼歯」を使って外皮を剥いでから、内側の比較的軟らかい部分を臼歯ですり潰している点に注目。パンダとヒグマ、ホッキョクグマのあごと歯の骨を3次元スキャンして比較した。

 その結果、他のクマでは退化した前臼歯が発達していることを確認。竹をすり潰しやすいように、あごの関節が犬歯に邪魔されずに横方向に動く構造になっていることも突き止めた。

 北海道大の坪田敏男教授(獣医学)の話「狩りがそれほど上手でなく、植物を主食にしたとみられる。竹を食べられるようパンダの歯が進化したとする今回の研究は着眼点がよく、説得力がある」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2235551 0 科学・IT 2021/07/26 14:50:00 2021/07/26 14:50:00 2021/07/26 14:50:00 定番の言葉が、家族連れやカップルの中を飛び交っていた。和歌山県白浜町の「アドベンチャーワールド」。現在、5頭のジャイアントパンダが飼育されている。中でも良浜(ラウヒン)と結浜(ユイヒン)の母子は人気ナンバー1。9月で1歳になる結浜は体重約22キロで小学1、2年生ぐらい。でんぐり返りが得意で何回でもする女の子だ。母親の動きをまねるようなしぐさが、かわいらしさを一層引き立てていた。2017年7月20日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)