読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

体操選手の脳、運動や感覚に関する領域に強い結びつき

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内トップ級の体操選手は、運動や感覚などをつかさどる脳の領域間の結びつきが強いという研究結果を、順天堂大などのチームが発表した。演技中の体勢や周りの状況を素早く判断し、動作に反映できるとみられるという。論文が国際科学誌に掲載された。

 同大の鎌形康司准教授、冨田洋之准教授(2004年アテネ五輪体操男子団体金メダリスト)らは、国内トップ級の体操選手10人と一般人10人の脳を磁気共鳴画像装置(MRI)で調べた。その結果、体操選手は、運動や感覚などに関係する脳の領域間を橋渡しする神経線維の密度が一般人より高いことがわかった。

 種目別では、ゆかが得意な選手は空間認識と平衡感覚など、平行棒が得意な選手は視覚と手の感覚などの領域間を結ぶ神経線維の密度が高い傾向があった。この傾向が生まれつきか、練習の成果かは不明という。鎌形准教授は「体操選手の種目の適性や、練習の効果を確かめるのに役立つかもしれない」と話している。

  畑純一・東京都立大准教授(診療画像生命科学)の話 「通常の練習以外で、脳内ネットワークの強化を図る科学的トレーニングなどに生かせる可能性がある」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2253557 0 科学・IT 2021/08/01 23:54:00 2021/08/01 23:54:00 2021/08/01 23:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)