読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】豪雨の発生、海上から察知…無人装置とGPSで水蒸気を観測

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海面を自動航行する無人装置と全地球測位システム(GPS)を利用し、雨雲のもとになる海上の水蒸気を観測する新システムを、海洋研究開発機構のチームが開発した。日本に流れ込む水蒸気を、観測の「空白域」とされる海上で捉えることで、今後の豪雨予測につなげたいとしている。

 降雨の規模を予測するには、水蒸気が陸域に流れ込む前に観測することが必要になるが、海上には気象庁などが観測船を配備しているものの、観測網が不十分という課題があった。

 そこでチームは、波の上下動を動力源に、任意の海域へ自律的に移動する「ウェーブグライダー」(全長約3メートル)と呼ばれる無人装置に、GPS受信機を搭載したシステムを開発した。大気中の水蒸気量が多いほど、GPSの電波が遅延するという性質を利用し、受信にかかる時間から上空の水蒸気量を推定する仕組みだ。

 この手法では10分間隔でデータが得られるため、急変する大気の状態を捉えられ、観測船による有人調査で課題だった経費を削減できる利点もある。2018年に西太平洋で性能を検証したところ、2か月間の連続運用に成功。気球を使った直接観測と同程度の精度が確認できたという。

 チームの藤田実季子・副主任研究員(気象学)は「観測網の『空白域』になっている海上に複数の無人装置を展開し、即時にデータを活用できるよう改良すれば、豪雨の予測精度が向上すると考えられる」と話す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2254881 0 科学・IT 2021/08/02 15:00:00 2021/08/02 15:00:00 2021/08/02 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)