石油と同じ成分作る植物プランクトン、北極海で発見…バイオ燃料開発に期待

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ガソリン、軽油、重油といった石油製品と同じ成分を作り出して体内に蓄える植物プランクトンを発見したと、海洋研究開発機構が発表した。こうした能力を持つ生物は過去に報告がなく、新たなバイオ燃料の開発につながる可能性もあるという。論文が英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

石油製品と同じ成分を作り出せる植物プランクトン。ひも状の2本は「べん毛」。海洋研究開発機構が作製した3次元構造図で、部位ごとに着色している(同機構提供)
石油製品と同じ成分を作り出せる植物プランクトン。ひも状の2本は「べん毛」。海洋研究開発機構が作製した3次元構造図で、部位ごとに着色している(同機構提供)

 同機構は2013年8月~10月、研究船「みらい」で北極海を調査し、細長いひも状の「べん毛」で動き回る体長数マイクロ・メートル(マイクロは100万分の1)の植物プランクトンを採取した。

 培養して性質を調べたところ、ガソリン、軽油、重油と同等の成分(炭化水素)を合成する能力を持つことが判明した。これまで特定の石油成分を作る生物は知られていたが、様々な成分を作り出せる生物の発見は初めてという。

 光合成できない暗い場所や、生存に必要な窒素が不足した環境では、石油成分の合成量が4~5倍ほどに増えた。生成の理由やメカニズムはよくわかっていない。

 同機構の原田尚美・地球環境部門長(生物地球化学)は「最初は船などの廃油混入を疑い、何度も実験をやり直したほど予想外だった。体内に蓄える量はわずかで大量培養も難しいので、遺伝子を解析して量産の可能性を探りたい」と話す。

 バイオ燃料に詳しい東京大の岡田茂准教授(水圏天然物化学)によると、商品化が進んでいるバイオ燃料は、今回見つかった炭化水素ではなく、エネルギー量が低い脂肪酸由来が多いという。岡田准教授は「海洋には有用な性質をもった植物プランクトンがほかにも存在しているだろうが、研究には時間も費用もかかる。政府はメカニズム解明などの基礎研究を積極的に支援してほしい」と指摘している。

スクラップは会員限定です

使い方
「科学・IT」の最新記事一覧
2276160 0 科学・IT 2021/08/11 10:31:00 2021/08/11 10:45:32 2021/08/11 10:45:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210811-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)