読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小笠原諸島付近で新島を確認…11年ぶり噴火の海底火山、過去3回は「島」消滅

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 11年ぶりに噴火が確認された小笠原諸島付近の海底火山「 福徳岡ノ場ふくとくおかのば 」について、気象庁は16日、新島(直径約1キロ・メートル)を確認したと発表した。これまでにも噴火後に「島」が確認されたことが3回あったが、いずれも波に浸食されるなどして消滅している。

小笠原諸島付近の海底火山「福徳岡ノ場」で確認された新島(矢印)(15日撮影)
小笠原諸島付近の海底火山「福徳岡ノ場」で確認された新島(矢印)(15日撮影)

 福徳岡ノ場は小笠原諸島・硫黄島の南約50キロ・メートルにあり、13日に噴火。海上保安庁の航空機が15日午後1時頃に新島を確認した。島は海底火山を取り囲むような 馬蹄ばてい 形で、北西側では海面約60キロ・メートルにわたって噴出した軽石などが浮遊していた。

 気象庁によると、福徳岡ノ場の噴火は明治以降に少なくとも7回確認され、うち3回で島が出現した。最後に島が確認されたのは1986年だったが約2か月後に海に沈むなど、いずれも島として残らなかった。

 産業技術総合研究所の山元孝広・副研究部門長(火山学)は、「福徳岡ノ場ではこれまで、溶岩ではなく軽石が噴出してきた。噴煙の高さから今回の噴火もこのタイプで、島は軽石でできているとみられる。溶岩に切り替われば島として残ることもありえるが、現状では可能性は低い」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2288763 0 科学・IT 2021/08/16 20:19:00 2021/08/16 23:14:43 2021/08/16 23:14:43 小笠原諸島付近の海底火山「福徳岡ノ場」で確認された新島(15日撮影、海上保安庁提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210816-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)